木質材料専門店 エコモク ecomoku

エコモクよりお知らせ


◎法人/個人事業主様を対象に、掛け払いを始めました。
You Tube 第八十五弾目「神輿の担ぎ棒」をアップしました。

コラム 弊社の社員が木材についての記事を書いています


05.12.2022「竹の油抜き」
先日、いつもお世話になっている加工屋さんに行きました。
いつもきれいに整頓されている職場に、見慣れない卓上コンロがありました。
てっきり餅でも焼いていたのかと思い聞いてみたら、竹の油抜きをしていたとのこと。
竹の油抜きには2種類の方法があるそうです。
熱湯に竹を入れて煮込んで油分を取る湿式法と、直接火であぶって油を滲み出させる乾式法。
その加工屋さんは、竹をコンロで焙って油抜き、つまり乾式法をしていたのです。
そしてなぜ竹の油抜きをするのかというと、色艶を出すということもありますが、生竹のままだと含んでいる水分でカビが生えてしまったり、虫が入り込んでしまったりするのでそれを防ぐためです。
竹を加工するには必要な工程ですね。
加工屋さんに他にもいろいろ竹のことを学びました。
竹の伐採や油抜きの時期も基本的には決まっていて、伐採は秋、油抜きは冬に行われるそうです。
竹の性質上、時期によって自身に蓄えている養分や水分の量が異なり、異なる時期に伐採すると腐りやすくなるそうです。
ちなみにこの加工された竹から凧用の竹ヒゴを作るそうです。
お正月に間に合うのかな?(文:くりすけ)


当社は明治 38 年に東京・浅草で創業して以来、木の特性を活かした商品を全国に(海外へも)提供しています。
「もっとずっと、ものづくりのお手伝いを」させていただきます。

会社概要


佐久間木材