木質材料専門店 エコモク ecomoku

エコモクよりお知らせ


◎姉妹店「@合板」サイトをリニューアルしました。
コルクマット新発売です。
◎法人/個人事業主様を対象に、掛け払いを始めました。
You Tube 第六十五弾目「木に関するおススメ本A」をアップしました。

コラム 弊社の社員が木材についての記事を書いています


28.09.2020「えくぼ」
先日、「和風建築と日本庭園の見方」というテーマの勉強会で、小田原の清閑亭に行って来ました。
清閑亭は黒田長成公爵が別邸として、明治39年に建てられた数寄屋造りの住宅です。
別邸なので、床の間は、格式、威厳を重視した、直線、平面、角の構成が原則の「書院造り」ではなく、簡素化、丸太・面皮・竹等多彩な材料を用いた、自由・洒脱な造りの「数寄屋造り」の部屋が多数ありました。
メインの和室の床柱には、絞り丸太が使われています。
よく見ると床柱の左横に「えくぼ」という節跡の欠陥がありました。
講師の人に質問をすると「この『えくぼ』がお客様を笑って迎えるという意味があり、どう見せるかが、棟梁の腕の見せどころです」とのこと。
今まで絞り丸太の「えくぼ」は欠陥だと思い、大工さんが施工しやすい、節のない真直ぐな柱しか販売してきませんでした。
勉強になりましたが、残念なことに、ここ数年絞り丸太を販売していません。
いつか役に立つと思い、今後も和風建築を勉強したいと思います。(文:Akio)

 


当社は明治 38 年に東京・浅草で創業して以来、木の特性を活かした商品を全国に(海外へも)提供しています。
「もっとずっと、ものづくりのお手伝いを」させていただきます。

会社概要


佐久間木材