1. ホーム
  2. コラムバックナンバー2021
コラムバックナンバー 弊社の社員が木材についての記事を書いてまいります

第883話 「新築木造校舎」 第884話 「」
第881話 「エビも板もない」 第882話 「アロマテラピー」
第879話 「バットの木目」 第880話 「節目の記念年」
第877話 誕生月の木と誕生日の木 第878話 「木と神様」
第875話 「ひこばえ」 第876話 「間伐材有効利用例」

08.03.2021「新築木造校舎」
またまた木材好き人間にとって嬉しい記事を見つけました。
それは、校舎新築が木造に回帰しているとの記事でした。
記事によると、2019年度に新しく建築された校舎、屋内運動場など学校施設のうち22.6%は木造で、新築の学校施設に木造が占める割合は4年連続で2割を超えたそうです。
大変喜ばしいことですね。
特集されていた学校は茨城県の中学校で、木造平屋建ての校舎は1660立方メートルの県産のスギ、ヒノキ、クリなどが使われているそうです。
市の担当者は「県産材の活用と温かみのある校舎作りを目指した」と説明されていますが、そのとおりで素晴らしい取り組みだと思います。
こんな校舎で学べる子供たちがうらやましく思います。
また、最近大きな建物の木造が多いなと思っていたら、建築基準法が改正されたことによるものだと知りました。
今後も大規模な木造が建てられることを期待しております。(文:ゴン)
01.03.2021「アロマテラピー」
先日、本屋さんに行ったところ「やさしいアロマ生活」という分冊定期購買の雑誌が置いてありました。
この手の雑誌は創刊号が盛りだくさんで、値段も通常の半値以下です。
私はこの手の特別価格創刊号が大好きで、目に入ると必ず購入します。
鉄腕アトムやサンダーバード2号の一部が本棚を飾っています。
今回はラベンダーのアロマオイルが入っていました。
製造元のショップに行ったところ、世界中の草花、木材から抽出した何百種類のアロマオイルを販売していました。
最近は国内の木材を使用したアロマオイル、和製油が人気だそうです。
ヒノキ、スギ、ヒバ、クロモジ、クスノキ等があり、特にヒノキが一番人気です。
私も、ヒノキオイルの香りを拡散させるデイフェザーを購入しました。
寝る前に、安眠に効くヒノキの香りを拡散、その夜は朝まで熟睡できました。
今後、当社もアロマテラピーも研究して、体に良い木材を取り扱いたいと思います。(文:Akio)
22.02.2021「エビも板もない」
実は私、この数か月探しているものがあります。
ブラックタイガーという品種のエビです。
主にインドネシアなど東南アジアより輸入されており、そのプリップリッの身は非常に食感がよく、私の大好きなエビフライ調理時に欠かせないのです。
そのブラックタイガーが昨年より、値段が高騰し、近所のスーパーでは取り扱い中止になり、あちこち探しても見つからず、非常に悲しい思いをしております。
原因は、春節前の中国による爆買いによる品薄、さらに日本への船便及びコンテナの不足などのようです。
コンテナ不足に関しては、いち早くコロナが終息した中国から大量に輸出されている米国の輸出がコロナにより滞っているため、大量のコンテナが駐留されたままになっているそうです。
一方、こちらも同じくインドネシアから輸入している木材業界でも、昨年後半よりコンテナ船不足や現地の雨季や工場の操業停止などの影響もあり、輸入合板の品薄が非常に切迫した状況となってきております。
ラワン合板を中心に建築などに多用される通称コンパネと呼ばれる12ミリ厚の合板や、構造用合板、シナ合板ラワン芯などその影響は多品種に及びます。
弊社でもまだ在庫切れには至っておりませんが、この先この状態が続くとかなり心配です。
とにもかくにも一刻も早くコロナが終息し、世界経済が元通りに戻ることを切に願ってやみません。
早くブラックタイガーのエビフライが食べたいと願う今日この頃です…(文:正さん)
15.02.2021「節目の記念年」
今年は20年目の結婚記念日があります。
磁器婚式と言われているそうです。
恐らく妻は気付いていないと思います。
毎年、結婚記念日も忘れるぐらいですから。(苦笑)
そこで、サプライズプレゼントなんてやってみたい。
大丈夫です、妻は今までこのコラムを読んだことはありませんから、サプライズは成立します。(苦笑2)
木製の何かをプレゼントしたいな。
木製の何かをプレゼントする習慣って、みなさんないのではないかと思います。
材木屋でさえ、そんな習慣ってないですから。
出産祝いとか、小さいお子様用には木製玩具があり、当店のcomokuでも扱っています。
大人向けの何か定番になるようなものを当店で開発したいな…。

写真のような、木製指輪なんてどうでしょう。
木材と樹脂を合わせた手作りの指輪を発見しました。
樹脂の中身は写真のような花以外にもいろいろあるようです。
色もいろいろあります。
木の部分はウォールナットや黒檀やオークを使っています。
やはり硬い木ですね。
一点モノですし、自然を閉じ込めたようで、すごく気に入りました。
妻の指輪のサイズは分からないので、探り当てる必要がありますね。
いや、それよりも前に、果たして妻がこれを気に入ってくれるかが問題です。
好みがあるので、気に入ってもらえなかったら寂しいです。
どうしようかな…(文:木材バカ四代)
08.02.2021「バットの木目」
ステイホームの週末は、家でYouTubeを観ることが多い昨今です。
先日、若かりし現役時代の落合博満氏と清原和博氏が、ある番組で野球討論している動画を観ました。
気になったのは、落合氏が清原氏に「木のバットの使い方を知らないでしょ?」と木のバットの使い方に指摘したところ。
「木製バットにある木の柾目と板目を知っているかい?板目は柾目より強度がない。バットの芯の部分にあるメーカーのロゴマークは、板目に印字されているから、そこにボールを当てたらバットが折れるよ。バット宣伝の為に印字してあるんじゃないぞ」と落合氏。
木材には板目と柾目があります。
木を製材するときに、その箇所によって表面に現れる木の年輪の模様の違いによって呼び方が変わります。
まっすぐに伸びている木目のことを柾目と呼び、U字のように曲がっている木目のことを板目と呼びます。
調べてみると、アオダモなどの日本製バットは板目にロゴマークが印字されていました。

「いやー。この事実を草野球をやっていた数年前に知りたかったよー」と私が言うと、「あなたはバットの芯どころか、空振りばっかりでバットにすら当たってないでしょ」と、一緒に見ていた嫁に厳しい事実ツッコミを食らい、少し凹んで週末を過ごしました。(文:くりすけ)
01.02.2021「木と神さま」
以前、Youtubeでもご紹介しましたが、当店の神棚には、和歌山の伊太祁曽(いたきそ)神社に祀られている五十猛命(いたけるのみこと)のお札が置かれています。
こちらの神様は、日本書紀によると父の素戔嗚尊(すさのおのみこと)と新羅に渡り、そこからたくさんの樹種を持って出雲に移住し、全国に植樹をしたとされています。
こういった木にまつわる神話はお隣の中国にもあります。
山海経(さんがいきょう)という中国古代の地理書のなかに、東の海上に扶桑という巨大な木があるという記述があります。
この名前は、木の名前であるのみならず、地名としても使われるようになっていったようです。
これから転じて、中国から見て東にあるという国として、扶桑という名が日本の異称となったのだそうです。(文:ドサンコ)

参考:平凡社百科事典
25.01.2021「誕生月の木と誕生日の木」
私の誕生月の木はクルミ、2月です。
誰が決めたのかは分かりませんが、季節に合った木を誕生木としているようです。
ちなみに…1月マツ 2月クルミ 3月ヒノキ 4月サクラ 5月スギ 6月クス 7月トチ 8月ケヤキ 9月ホオ 10月クリ 11月イチョウ 12月モミ…です。
これとは別に日本植木協会が365日誕生日の木を選定しています。
私はナルヒラダケでした。
365日分の木を決めるのは苦労したと思います。
皆さんも誕生日の木を調べてみませんか?
http://www.recom-green.com/birthday.htm
誕生月の木を指輪にして販売している所もあります。
派手さは無いけど渋く、買って指につけても良いと思いました。
結婚指輪はもう何十年もつけていませんが…。
銀婚式は過ぎてしまいましたが、数年後の30周年に木の指輪をプレゼントするのも良いと考えています。(文:兄貴6)
18.01.2021「間伐材有効利用例」
前回私のコラムの記事で間伐材の有効利用について書きましたが、最近タイムリーなうれしい新聞記事を見つけてしまいました。
写真の通り西川材の間伐材が有効に利用されているという記事です。
西川材とは、その昔いかだを組んで江戸まで木材を運搬していたことから、西の川から送られてくる良質な木材として「西川材」と呼ぶようになったといわれています。
そして埼玉県の南西部の高麗川、名栗川、越部川流域を西川林業地と呼ぶようになったそうです。
さて、写真の記事では乾燥中の西川材を利用した「はしらベンチ」を飯能市内の公園や図書館など60カ所に87台設置しているそうです。
木材は山から切り出してもすぐに使えるわけではなく乾燥が必要です。
このベンチは乾燥させることはもちろんですが、西川材のよさPRもできて一石二鳥で約半年間乾燥させるそうです。
交換された木材は公園の遊歩道やフェンス、ストーブの薪などに加工されて最終的には土に戻すことを目的としているそうです。
まさに木は永遠の循環資材でありますね。
ほかの山の地域や生産者の皆さんも、このような取り組みを見つけ出して全国の山が健康でいられることを切に願っています。(文:ゴン)
12.01.2021「ひこばえ」
昨年、うちの会社は完全週休2日制になりました。
さらに、コロナ禍で家に居る時間が多くなり、本を読む機会が増えました。
新聞の書評を見て、重松清さんの「ひこばえ」を読みました。
小さい頃に出て行った父親の訃報が届き、おぼろげな記憶を元に、生前の父親の人生を作り上げていく物語でした。
「ひこばえ」とは、切り株や根元から生えてくる若芽のことで、太い幹に対して孫に見立てて「孫生(ひこばえ)」と言います。
隣家に枝がかかり過ぎ、春先に切り倒した実家のキンモクセイの切り株にも、「ひこばえ」が成長しています。
梅の木の根元にも生えてきますが、これは樹形を乱すので剪定しています。
杉や桧の針葉樹には「ひこばえ」はあまり出ないようですが、コナラなどはこれを利用して木炭に適した細い幹をつくっていたそうです。
昔の里山では伐採された後、ひこばえ(萌芽更新)によって里山が維持されていました。
さて、私の「ひこばえ達」はどのように成長するのかなあ。(文:Akio)